実際に効果があった?私のジンクス

63歳 男、ジンクスには怖いものも在ります

私が子供の頃の話ですが未だにジンクスとして守っています。

私の父は人を使って建設業をしていました。

家には住み込みで10人程いてとても賑やかな毎日で、夕食の延長で宴会が始まるのです。

私はもう63歳になり妻と長女の3人で暮らしています。

父も他界して、建設の仕事は廃業し、住み込みの人達も田舎に帰っていきました。

時期は、1950から1975頃までの話です。

まだ携帯電話もカラオケボックスもない時代です、 歌も、民謡が主流で、使っている割りばしで茶わんを叩いて伴奏をしていました。

のある時代でした。

私の父は、迷信などとても煩い人でした。

「夜は爪を切るな」、「夜は口笛を吹くな」などと煩いくらい口にしていました。

中でも、子供心にびっくりした事が在りました。

今でもはっきり覚えています。

何時もの様に朝早くから朝食の時間で、テーブルと部屋が狭いために交代で食事をしていました。

そんな時、誰が言ったのか覚えていませんが、「サル」と言う言葉が耳に入りました。

当然父の耳にも入ったのでしょう。

するとえらい剣幕で今日は全員仕事を休みにするから、「仕事に行くな」、と朝から怒鳴り声がしました。

皆は訳が分からずきょとんとしていたのを思い出します。

暫くして、父が、職人は朝から「サル」と言う言葉は禁物だ、だれが言ったのか来なさいと言って居ました。

父の説明によると、職人は現場で高い処で仕事をするので、「サル」は「落ちる」と言う意味が在るのだそうです。

縁起の悪い言葉だそうです。

後もう一つ休みにする行動が在りました。

ご飯の一善飯です。

一善は仏様に挙げるご飯なので、必ず、二膳、少しでもいいので二膳目をよそる事だそうです。

商売柄色々な風習や言い伝えが在る物です。

でも言われてみれば成る程上手い事を言う物だと感心します。

此れ以来今でもこのジンクスは破る事が在りません、外に出て何か起きたら、と考えてしまいます。

「サル」では無く「おサルさん」と朝の場合は言うそうです。

一善飯も無理です。

こちらの方のジンクスは絶対です。